各種製造業におけるペイドパブリシティ

 各種製造業においてのメディアプロモーションは、外へ向けて自社の新製品・新技術を広くPRするだけではなく、社内においても開発技術者・エンジニアがメディアに採用された事によって製品開発へのモチベーションが上がる(社員は誰しも自社がメディアに登場するのはうれしいものですが、特に開発・技術系の社員は努力が実った結果として、よろこびもひとしおとのことです)。


 製造業における、メディアプロモーションの目的を大きく分けると、1.イメージアップ 2.直接販売促進目的 の二つに分類されると思います。イメージアップのプロモーションは、主にメーカーなど商流における川上に属する企業が行うプロモーションで、直接販売目的のプロモーションは、川下に属してエンドユーザーと直接接する機会の多い小売店などが中心となって行います。


 ここで言う「メーカーが行うイメージアップのプロモーション」とは、直接にそのメーカーが商品を販売するわけではないため、現金をその場で生み出すことはありません。が、現在メーカーには高い技術を有しているのはもちろんのこと、環境への配慮や社会的な貢献などが求められているなか、イメージアップ戦略は不可欠となってきております。結果的には、小売店をはるかにしのぐ巨額な利益をメーカーにもたらすイメージアップ目的プロモーションの仕組みはこうなっています。


 イメージアップのプロモーションは、ユーザーへメーカーに対する技術力や最近では社会的貢献環境的配慮など企業そのものへの絶大な信頼感を形成し、結果賞品への付加価値及びイメージを大幅に高めることを可能にします。小売店が商品を販売する際に競合商品と比較して、価格戦略上有利(値引きなしもしくは値引き少での販売を可能にする)になったり、販売数量を大幅に増やすことができるということになります。故に、多数の小売店舗それぞれの売上が上がることで、それら小売店全てに商品を流している川上のメーカーが、一番の利益を集めることになるわけです。


 つまり、メーカーにとって商品のブランディングに成功しさえすれば、商品1個当たりの販売価格も高いままで流通チャネルに流すことが出来、しかも、ノーブランド商品のように、小売店自身が直接販売促進目的のプロモーションをそれほど行わずとも、商品販売数が増えるわけです。ですから、同じプロモーションといっても、オリジナル商品を持っている(製造している)企業はブランディング戦略が成功のための非常に大きな鍵になってくるのに対し、仕入れ商品を販売している小売店は、ブランディングプロモーションよりも直接販売プロモーションを重視すべきといえます。製造業界においても、商流の中の自社ポジショニングを明確化させて、必要なのがイメージアップ目的プロモーションなのか、それとも、販売促進目的のプロモーションなのかを明確化しておく必要があるでしょう。


 PAID-PR.comは特にテレビ媒体への(ペイド)パブリシティに強いPR会社として著名なメディアブリッジコンサルティングが運営する、通常は極少数のPR会社にしか出回らない「非公開ペイドパブリシティ案件の総合紹介サイト」です。ブランディング目的プロモーションの強力なツールであるテレビ媒体へのパブリシティはもとより、雑誌・新聞媒体を中心としたペイドパブリシティで、販売促進目的のプロモーションを強烈に推し進める戦略のご提案も可能です。

冠スポンサーになれるジャイアントカンパニー以外にはストレートPRは困難

 ペイドパブリシティは常に「記事・番組」の形をとりながら、媒体そのもののコンテンツの中にクライアント企業を登場させるところにポイントがあります。厳密にはペイドパブリシティの中には「記事風広告」というものも含まれているのですが、PAID-PR.comが扱うものは「記事風広告」を基本的には除きます。あくまで、PR協力費を対価として頂く代わりに、本当の記事・番組として取材をしていただいて、本当の記事・番組としてマスメディア媒体のコンテンツにクライアントを登場させることが、PAID-PR.comの扱うペイドパブリシティの大きな強みなのです。


 一般的にメディアリレーションを築く方法はプレスリリースなどにより、マスメディア媒体の制作現場へリーチをする方法があります。直接プレスリリースなどを利用してマスメディアに取材をしてもらうことは、ブランディングにも販売促進にも役立つPR手法といえるでしょう。MBCでもプレスリリース等を利用した通常のPR手法(ノンペイドパブリシティ)に関してはコンサルティングを含めて多数のサポートを用意しておりますが、どうしてもマスコミに取材をしてもらうことが難しい業種も存在します。その理由として、 1.超大手スポンサーによるメディアへの縛りや考査問題 2.非常に数多い競合他社 3.マスメディアが探しているトレンドをつかむことの難しさ(情報収集)といったようなものがあげられます。

1.超大手スポンサーによるメディアへの縛り

 製造業界においても、年間広告宣伝費数十億を支払っている、ほんの数社のジャイアント企業がマスメディアコンテンツを間接的にコントロールするため、中堅以下の同分野企業に対する取材などは行われにくいという現実があります。所謂、「スポンサーの縛り」です。マスメディアの表現が常に主力スポンサーの意向に左右されることは、それぞれのマスメディア媒体を提供する母体が株式会社等の一般企業である以上、極々当たり前のことと言えるでしょう。


 また、しばしば同時に指摘されるのが「考査」の問題です。最も考査が厳しい媒体はテレビなどの電波媒体ですが、つまり考査とは、マスメディア媒体自身による取材対象・広告出稿企業(商品)への審査業務であって、社会的の問題のある商品や企業を媒体に露出さえることが無いようにするための、自浄作用機関といえます(考査は専門のスタッフをおいているところが多いので「機関」と言えると思います)。社会的に問題が無い場合でも、先の大手スポンサーとの関係上の縛りから「考査によると御社の広告は出来ません」という回答が突きつけられることもあるわけです。考査の内容自体は外部からは一切伺いすることが出来ません。

2.非常に数多い競合他社

 製造業関連の市場占有率を分解してみると、よほどユニークでニッチな製品を製造していない限り、一部の事業だけが大幅な大規模に寡占しているというようなことは非常に稀です。どれほど大手のメーカーであっても、市場の数十%を握っているということはなく、多数の企業が市場に存在して、市場を細かく分け合っているという構造になっています。こういった事業者数が多い業界では、当然、マスメディア媒体1つに対してアプローチをかけてくる企業も大変多くなります(似たような市場構造を持つ業界に、飲食・レストラン業界やコスメ・ファッション業界があるでしょう)。当然、マスメディアサイドとしては、毎日受け取るプレスリリースの数からして違います。1日100-200通のプレスリリースは当たり前、人気のある媒体だと400通ということもあるでしょう(私が以前お世話になっていたTV番組のスタッフルームには、1日リリース400通は別に普通でした)。多数の競合の中から自社の報道用資料だけを目立たせるには、それなりの(PR会社が得意とするような)ノウハウが必要になります。普通の企業においそれと出来るものではありません。

3.マスメディアが探しているトレンドをつかむことの難しさ(情報収集)

 これは製造業界だけに限ったことではありませんが、マスメディアがオンゴーイングで追い求めている情報をタイミングよく入手することはかなり難しいタスクになります。マスメディアが探している企画情報を常に収集するには、Paid-PR.comのようなPR会社などが、メディアプロモーション専属の人間を雇い、常にマスメディア媒体に営業回りをしないと情報が入ってきません。ただでさえ人手が少ない一般企業の広報部で、こういった活動を100%行うことは無理に近い話だと思います。


 こういった諸所の問題をクリアするために、弊社のようなPR会社サービスの存在を上手く活用することが、これからの企業におけるメディアプロモーションには重要なファクターになってくることは間違いないでしょう。

[NEW] 最新ペイドパブリシティ案件情報

[TV] 情報番組の教育特集コーナー

媒体概要:

日本の教育をテーマにした特番企画があります。各教育機関の専門家を多数集め、教育に熱心であったり、実際に学生として在学したいるタレントとのトークメインの番組になります。現在の教育システムについて批判的な見方をされる可能性もありますが、専門家ならではの一家言あるコメントをしていただくことで、所属する教育機関・組織等への大きなブランディング効果が期待できます。

企画内容:

人選された場合には、実際にスタジオにて収録をいたします。収録時間は長くなる可能性がありますが、専門家としてセルフブランディングが出来る「しゃべり」の力が演出上にも、PR目的上にも必要とされるでしょう。流暢にしゃべれずとも、周囲の空気を読んで情熱的に教育及び専門分野を語れる方がベストです。

発行部数
視聴率等:

放送前により調査不可

 

企業様のペイドパブリシティお申込みはこちら

 

広告代理店様のお申込みはこちら

 

※出演をお約束するものではありません。出演交渉と審査がございます。

[雑誌] 女性誌の受験戦争特集

媒体概要:

主婦層がメインターゲットである女性向け雑誌。少々センセーショナルな記事が多い傾向もあるが、真面目な切り口で女性の一般生活にまつわる社会問題を取り上げることも多い。近年は読者の子供に関する教育特集が立て続けに組まれている。

企画内容:

受験戦争における勝ち組学校と負け組み学校の特集。中立的な立場で専門家としての分析コメントの掲載可能性あり。

発行部数
視聴率等:

30万部

 

企業様のペイドパブリシティお申込みはこちら

 

広告代理店様のお申込みはこちら

 

※出演をお約束するものではありません。出演交渉と審査がございます。

[新聞] 地方新聞

媒体概要:

地方新聞の紙面案件です。純広告を出稿していただくことに対するバーター条件として、クライアント学校法人、組織の記事を掲載していただくことが可能です。

企画内容:

地域一般記事として学校法人、組織の取り組み、イベントなどを紹介することができます。

発行部数
視聴率等:

20万部

 

企業様のペイドパブリシティお申込みはこちら

 

広告代理店様のお申込みはこちら

 

※出演をお約束するものではありません。出演交渉と審査がございます。

 他にも非公開ペイドパブリシティ案件を多数ご用意しておりますが、基本的に直接お問い合わせを頂いた企業様のみに直接詳細な案件情報をご提供させていただいております。非公開ペイドパブリシティ案件情報が必要な企業様は、こちらからお問い合わせをお願いいたします。


お問い合わせ(無料登録で非公開ペイドパブリシティ情報が入手できます)
企業様はこちら マスメディア媒体様はこちら 広告代理店様はこちら

媒体別ペイドパブリシティ情報

 メディア媒体別のペイドパブリシティ情報は下記をご覧下さい(掲載は情報の一部です。非公開ペイドパブリシティ情報を全て必要とする方は、上記お問合せ先よりご連絡ください)。


1.テレビ媒体PPR

2.新聞媒体PPR

3.雑誌媒体PPR

4・ラジオ媒体PPR

5.インターネット媒体PPR