各種小売事業におけるペイドパブリシティ

  景気に明るい見通しがでてきて、イザナギ景気以来の成長振りとも最近言われています。が、デフレの煽りをうけた小売業は、大幅な統廃合や再編がなされ、いよいよ消費者の選別の目は厳しく、競争も激しいものになっているのが現状です。


 小売業におけるプロモーションは、カスタマーにまず店に来店したくなるようなone to oneの来店刺激のプロモーションと店内で製品を購入してもらうための店内ブランドプロモーションが必要になります。


 カスタマーの選択眼が厳しい現在、店頭に足を運んでもらった末製品を購入してもらうには、カスタマーに印象深いプロモーションを行う必要があります。また外資系小売業の進出により、店内外に向けてブランディングプロモーションを行う時代に突入しつつあります。

冠スポンサーになれるジャイアントカンパニー以外にはストレートPRは困難

 一般的にメディアリレーションを築く方法はプレスリリースなどにより、マスメディア媒体の制作現場へリーチをする方法があります。直接プレスリリースなどを利用してマスメディアに取材をしてもらうことは、ブランディングにも販売促進にも役立つPR手法といえるでしょう。MBCでもプレスリリース等を利用した通常のPR手法(ノンペイドパブリシティ)に関してはコンサルティングを含めて多数のサポートを用意しておりますが、どうしてもマスコミに取材をしてもらうことが難しい業種も存在します。 1.超大手スポンサーによるメディアへの縛りや考査問題 2.非常に数多い競合他社 3.マスメディアが探しているトレンドをつかむことの難しさ(情報収集)といったようなものがあげられます。

[マスメディアに無視される理由2] 東京都心に店舗がない

 少々厳しい結論から申し上げますが、一部業界誌を除き、地方のサービス業が大きな取材を受ける可能性は非常に少ないと言えます。理由は非常にシンプルで、東京のみに集中している報道関係者が地方までロケに出かけるのは、コストが非常に高くつきすぎるからです(テレビクルーの場合は、3人のロケで1日20万円弱はコストがかかります)。その点東京都心(特に渋谷区、港区、中央区、世田谷区等のマスコミが集中している地域)にある店舗等には取材が多く訪れやすい環境にあります。同じ条件の店舗ならば、絶対に東京都心に居を構える店舗のほうが、地方に展開する店舗よりもパブリシティ戦略的には非常に有利な立場にいるわけです。

[マスメディアに無視される理由3] マスメディアサイドの企画リサーチ内容・タイミングを入手できない

 最も決定的な理由は、マスメディア側の探しているリサーチ素材の内容を知ることが出来ないこと(ちなみに広告出稿主や大手広告代理店には、きちんと媒体の企画情報が定期的に届きます)、仮に媒体の記事・番組傾向を研究したとしても、どういったタイミングで御社店舗にマッチした企画を探しているかの調査がほぼ不可能ということです。どんなに良質なプレスリリースの切り口と店舗そのもののニュース性を提供してみても、企画タイミングとずれている場合は絶対に取材はされません。ですから、某大手ポータルサイトなどは億単位の費用をPR会社にかけて、民放キー局人気番組の放送予定内容をリサーチしたりしているのです。

上記3つのデメリットが合ってもペイドパブリシティなら媒体露出可能性が非常に高まる

 上記3つのような「マスコミに取材されない(されにくい)理由」を御社が有していたとしても、ペイドパブリシティを上手にしかけることで、マスメディア媒体への露出可能性が出てきます。


 ペイドパブリシティは純広告と同じように、マスメディア媒体制作サイドにコストを支払って記事・番組に出演する方法です。したがって、制作サイドから「現在リサーチ中の企画情報」を常に受け取ることが可能です。また、地方でのロケに関しても、アゴ・アシ・マクラ等のコスト協力をすることで、きちんと取材対象として選出してもらうこと可能になることも多いでしょう。媒体の主力スポンサーの意向だけはどうにもなりませんが、ペイドパブリシティに申し込むことで、事前に「取材を受けることが出来る媒体」と「決して取材を受けることが出来ない媒体」を業界関係者からダイレクトに教えていただくことが可能です。


 ですから、マスメディア媒体へ露出する第一歩のきっかけ作りや、戦略的にプロモーション、イベント、新店舗展開等のタイミングに合わせてペイドパブリシティ案件行うことも十分可能になってくるというわけです。マスメディアに取材を行ってもらうことに不利な条件を持っている店舗ほど、ペイドパブリシティを試してみる価値があると言えるでしょう。


  PAID-PR.comは特にテレビ媒体への(ペイド)パブリシティに強いPR会社として著名なメディアブリッジコンサルティングが運営する、通常は極少数のPR会社にしか出回らない「非公開ペイドパブリシティ案件の総合紹介サイト」です。もちろん、テレビ番組ペイドパブリシティ案件のみならず、医療・医薬品関連企業様のプロモーション戦略に大きく「純粋に記事・番組として出演できる」非公開ルートを、新聞、雑誌、ラジオ、インターネットに渡るまで、総合的にを多数取り揃えております。

[NEW] 最新ペイドパブリシティ案件情報

[TV] 情報番組の教育特集コーナー

媒体概要:

日本の教育をテーマにした特番企画があります。各教育機関の専門家を多数集め、教育に熱心であったり、実際に学生として在学したいるタレントとのトークメインの番組になります。現在の教育システムについて批判的な見方をされる可能性もありますが、専門家ならではの一家言あるコメントをしていただくことで、所属する教育機関・組織等への大きなブランディング効果が期待できます。

企画内容:

人選された場合には、実際にスタジオにて収録をいたします。収録時間は長くなる可能性がありますが、専門家としてセルフブランディングが出来る「しゃべり」の力が演出上にも、PR目的上にも必要とされるでしょう。流暢にしゃべれずとも、周囲の空気を読んで情熱的に教育及び専門分野を語れる方がベストです。

発行部数
視聴率等:

放送前により調査不可

 

企業様のペイドパブリシティお申込みはこちら

 

広告代理店様のお申込みはこちら

 

※出演をお約束するものではありません。出演交渉と審査がございます。

[雑誌] 女性誌の受験戦争特集

媒体概要:

主婦層がメインターゲットである女性向け雑誌。少々センセーショナルな記事が多い傾向もあるが、真面目な切り口で女性の一般生活にまつわる社会問題を取り上げることも多い。近年は読者の子供に関する教育特集が立て続けに組まれている。

企画内容:

受験戦争における勝ち組学校と負け組み学校の特集。中立的な立場で専門家としての分析コメントの掲載可能性あり。

発行部数
視聴率等:

30万部

 

企業様のペイドパブリシティお申込みはこちら

 

広告代理店様のお申込みはこちら

 

※出演をお約束するものではありません。出演交渉と審査がございます。

[新聞] 地方新聞

媒体概要:

地方新聞の紙面案件です。純広告を出稿していただくことに対するバーター条件として、クライアント学校法人、組織の記事を掲載していただくことが可能です。

企画内容:

地域一般記事として学校法人、組織の取り組み、イベントなどを紹介することができます。

発行部数
視聴率等:

20万部

 

企業様のペイドパブリシティお申込みはこちら

 

広告代理店様のお申込みはこちら

 

※出演をお約束するものではありません。出演交渉と審査がございます。

 他にも非公開ペイドパブリシティ案件を多数ご用意しておりますが、基本的に直接お問い合わせを頂いた企業様のみに直接詳細な案件情報をご提供させていただいております。非公開ペイドパブリシティ案件情報が必要な企業様は、こちらからお問い合わせをお願いいたします。


お問い合わせ(無料登録で非公開ペイドパブリシティ情報が入手できます)
企業様はこちら マスメディア媒体様はこちら 広告代理店様はこちら

媒体別ペイドパブリシティ情報

 メディア媒体別のペイドパブリシティ情報は下記をご覧下さい(掲載は情報の一部です。非公開ペイドパブリシティ情報を全て必要とする方は、上記お問合せ先よりご連絡ください)。


1.テレビ媒体PPR

2.新聞媒体PPR

3.雑誌媒体PPR

4・ラジオ媒体PPR

5.インターネット媒体PPR