金融・不動産関連業マーケティングにおけるペイドパブリシティ

 業界事情から商品の差別化及び商品ベネフィットをターゲット顧客へ的確に説明することが難しいためか、金融・不動産関連事業を営んでいる企業様にとっては事業戦略のなかでプロモーションは大きな悩みの1つであると言えるでしょう。特に、複雑な金融商品などにおいては、商品知識が豊富でないターゲット顧客に対して、広告上で全てを説明することは非常に難しいため、「まずは興味を持ってもらう」というステップを踏み、直接来店(もしくは訪問営業)等を促しながら口頭で商品セールスを行わなければならないシーンも多々あるでしょう。


 大手企業ならば、「まずは興味を持ってもらう」というステップを踏むためだけに、イメージ広告等を大量に打つことが可能でしょうが、中堅企業及びベンチャー企業等においては、短期的な直接収益に結びつづらいそのような物量広告作戦は難しいかもしれません。


 そこで有効に活用してもらいたいのがマスメディア媒体へのPRなのですが、業界紙を初めとする専門誌だけならともかく、金融商品及び不動産関連業サービス等を、一般の新聞・TV等に売り込むことには非常に困難が伴います。また、一昔前なら、極々限られた投資家だけにリーチをすれば十分商売が成り立っていたため、大規模な広告などは必要とはしませんでした。、しかし、最近は人口が非常に増加している個人投資家層などを幅広く取り込むことが、業界生き残りの条件ともなりつつあり、それら一般的な個人投資家層などにリーチをするためには、彼らが普段目にしているマスメディア記事に御社そのものが露出することが大変有効です。こういった理由からも、これまで一般的なマスメディアへの露出を行ってこなかった金融・不動産関連業の方でも、今後はマスメディアPRを軽視するわけにはいかないでしょう。


「効果的なマスメディア媒体に純粋な記事・番組コンテンツとして出演すれば最大限の集客効果が得られる」


 これは金融・不動産関連業のマーケティング及び宣伝担当者様ならば十分承知していることでしょう。しかし、金融・不動産関連業はメーカーや飲食店等と異なり、ノンペイドパブリシティ活動(広報活動)の結果がなかなか出にくい業種のひとつと言えるでしょう。PR会社に依頼をしても、なかなか結果が出ずらい事をPR会社も知っているために、思わず「しかめ面」をされてしまいやすい業種でもあります。しかし、当サイトのペイドパブリシティ案件ならば、一定の取材協力費名目のコストをお支払いいただくことで、1流雑誌・新聞の記事はもとより、一般ではなかなか露出をすることが難しいテレビ番組への純粋な露出を図ることが可能になります。


 PAID-PR.comは特にテレビ媒体への(ペイド)パブリシティに強いPR会社として著名なメディアブリッジコンサルティングが運営する、通常は極少数のPR会社にしか出回らない「非公開ペイドパブリシティ案件の総合紹介サイト」です。もちろん、テレビ番組ペイドパブリシティ案件のみならず、金融・不動産関連企業様のプロモーション戦略に大きく「純粋に記事・番組として出演できる」非公開ルートを、新聞、雑誌、ラジオ、インターネットに渡るまで、総合的にを多数取り揃えております。

広告は「耳を傾けてもらえない」時代に

 もちろん、潤沢な広告宣伝費をお持ちの企業の場合は、プロモーションタイムスケジュールのピーク時に合わせて、純広告を段階的且つ大量に投入することで十分な集客が可能になるでしょう。しかし(これをお読みのあなた様がマーケティング・宣伝ご担当者ならば肌で感じていることでしょうが)、近年、純広告の効果がどんどん下降線を辿っており、代替的なプロモーションとしてPRが非常に大きな注目を浴びております。


 通常、純広告はオーディエンスの信用を得ることは難しいため(現代人は誰もが広告コピーを「まずは疑ってかかる」はずです。もちろん、これをお読みの貴方様も例外ではありませんが)。いくら広告で丹念に商品・企業の説明をしたところで、どうしても耳を傾けてもらえないのが実際でしょう。ましてや、一般の方にとっては仕組みそのものが複雑(に思える)金融商品や不動産関連商品・サービスはなおさらでしょう。ですから、純粋な記事・番組という形をとるペイドパブリシティは、「広告に見えない広告」として、今後は更に有力なプロモーション手法としてシェアを伸ばしていくことは明らかです。また、有力メディアに対するペイドパブリシティは、単純に短期的集客効果を上げるだけではなく、ブランディング戦略にも大きく寄与いたします。

時流に合わせた企画で商品セミナーを情報番組へ出すと言う手もある

 金融商品や投資投資物件の説明のためにセミナー等を行っている企業様も数多くあると思いますが、そういったセミナーを少々「メディア向き」に演出しながら、各媒体への出演を買い取っていくという方法はよく行われております。当然、具体的な金融・不動産商品そのもののプレスリリースキットも用意しておきますが、(特にテレビ媒体などは)演出的に画力(えぢから)が求められる場合があるので、それに対応した用意をあらかじめしておくことで、より一層ペイドパブリシティの効果を高めることが可能になります。「テレビでやっていた投資セミナーだから僕(私)も参加してみたい」とターゲット顧客に思わせなければならないのですから、多少の演出のための汗はかかねばならないでしょう。

投資のカリスマとして「人」を広告塔としてメディア露出させる

 マスメディア媒体を利用したペイドパブリシティには、何も商品や企業そのものを前面に出すだけが唯一の方法ではありません。名物経営者、カリスマ講師、著名評論家として、企業の代表や研究員、スタッフ等をメディアの前面に出す手法(所謂、広告塔戦略です)も、金融・不動産関連事業にはかなりマッチしたペイドパブリシティ戦術であると言えるでしょう。当方でもこれまで、多数の「人」をコメンテーター等の役割でメディアへ送り込んできました。ただし、媒体露出する人には、専門知識はもちろん、メディアにて「映える魅力」を兼ね備えていることが必要な場合もあります(特にテレビ媒体ではその傾向が強い)ので、当方と具体的な協議の上でペイドパブリシティの戦略を練る必要がございます。

[NEW] 最新ペイドパブリシティ案件情報

[TV] 週末情報番組の不動産物件紹介コーナー

媒体概要:

番組レギュラーの芸能人と共に、クライアント企業様が不動産物件をご紹介していくコーナーです。2005年スタートの番組ですが、安定した視聴率とF2M2層に大きなターゲット視聴率を保持。格安物件とハイクラスな物件を双方紹介することが出来る不動産会社様がベストです。

企画内容:

芸能人と共にめぐる不動産物件紹介企画。

発行部数
視聴率等:

12%前後

 

企業様のペイドパブリシティお申込みはこちら

 

広告代理店様のお申込みはこちら

 

※出演をお約束するものではありません。出演交渉と審査がございます。

[雑誌] 不動産オーナー向け情報雑誌

媒体概要:

不動産オーナー向けの専門誌。投資物件情報からRIET等の新しい不動産投資情報について最新情報が掲載されています。老舗雑誌ともいえる媒体ですので、露出することでかなりのブランディング効果を期待することが出来ます。

企画内容:

不動産投資家へのインタビュー連載企画。

発行部数
視聴率等:

10万部

 

企業様のペイドパブリシティお申込みはこちら

 

広告代理店様のお申込みはこちら

 

※出演をお約束するものではありません。出演交渉と審査がございます。

[新聞] 業界新聞

媒体概要:

金融関連業界新聞の紙面案件です。純広告を出稿していただくことに対するバーター条件で、1面での記事掲載も可能です。また、連載コラム内で御社サービスの具体的内容等に触れることも可能です。

企画内容:

金融関連業界一般記事。

発行部数
視聴率等:

10万部

 

企業様のペイドパブリシティお申込みはこちら

 

広告代理店様のお申込みはこちら

 

※出演をお約束するものではありません。出演交渉と審査がございます。

 他にも非公開ペイドパブリシティ案件を多数ご用意しておりますが、基本的に直接お問い合わせを頂いた企業様のみに直接詳細な案件情報をご提供させていただいております。非公開ペイドパブリシティ案件情報が必要な企業様は、こちらからお問い合わせをお願いいたします。


お問い合わせ(無料登録で非公開ペイドパブリシティ情報が入手できます)
企業様はこちら マスメディア媒体様はこちら 広告代理店様はこちら

媒体別ペイドパブリシティ情報

 メディア媒体別のペイドパブリシティ情報は下記をご覧下さい(掲載は情報の一部です。非公開ペイドパブリシティ情報を全て必要とする方は、上記お問合せ先よりご連絡ください)。


1.テレビ媒体PPR

2.新聞媒体PPR

3.雑誌媒体PPR

4・ラジオ媒体PPR

5.インターネット媒体PPR